小曾根邸跡(車窓)・ 後藤象二郎宅跡 (車窓)

小曾根邸跡(車窓)・ 後藤象二郎宅跡 (車窓)
小曾根家は幕末の長崎を代表する豪商で、越前福井藩・長州藩の出入り商人でした。小曾根家当主の子である小曾根乾堂は、勝海舟や坂本龍馬とも親交があり、亀山社中を援助しました。また近くには、いろは丸事件で坂本龍馬、岩崎弥太郎、後藤象二郎が密談をしたとされる後藤象二郎宅跡があります。