丸山公園・料亭花月

丸山公園・料亭花月
花月とは1642年創業の丸山随一の妓楼(ぎろう)引田屋の庭園内にあった亭(茶屋)の名前で、幕末の志士で有名な坂本龍馬ゆかりの展示コーナーがあり、龍馬直筆の「坂本龍馬の要望書の下書き」(イカルス号事件)や龍馬がつけたとされる刀傷が残されています。また、丸山公園には平成21年11月15日に地元版画家・小﨑侃氏(こざき かん)が作成した龍馬像が建っています。