旧香港上海銀行(車窓)

旧香港上海銀行(車窓)
明治37年(1904年)に竣工したこの建物は、下田菊太郎が設計した現存する唯一の遺構であり、国指定重要文化財となっています。香港上海銀行は当時神戸以西唯一の外国銀行で、在留外国人、なかでも貿易商を主な取引先として外国為替やロンドン・上海・香港における外貨の売買を主要業務とした特殊為替銀行でした。