旧英国領事館(車窓)

旧英国領事館(車窓)
安政5年(1858年)、諸外国との通商条約が結ばれた後、長崎は開港場として自由貿易を開始し、外交事務が始められました。この建物は英国領事館として上海の英国技師、ウィリアム・コーアンの設計に基づき、長崎市大浦町の後藤亀太郎が施行、明治41年(1908年)に完成しました。当初から本館・附属屋・職員住宅をはじめ、門・塀にいたるまで、敷地全体にわたって往時の姿をよく保っています。現在は、保存修理中のため、閉館しています。