如己堂(車窓)

如己堂(車窓)
自ら原爆による白血病に冒されながら被爆者の救済や平和活動を続けた永井隆医学博士記念館。「己の如く隣人を愛する」という意味をもつこの堂で博士は『この子を残して』、『長崎の鐘』等の有名な作品を執筆し、広く外国にまで平和を訴えました。