ながさき紫陽花まつり

6月16日(日)まで長崎市内の観光名所で「ながさき紫陽花まつり」が開催されています。

20種類、約3,500株のあじさいが、中島川周辺(めがね橋等)・シーボルト記念館・出島・グラバー園などに設置され色鮮やかに咲き誇っています。

あじさいは出島のオランダ商館医シーボルトのお気に入りの花でした。

最愛の人・お滝さんにちなんで学名を「オタクサ」と名づけ、ヨーロッパに紹介しました。

期間中は地元に精通したガイドとまわる「ながさき紫陽花さるく」や、参加加盟店による限定「長崎そっぷ」の提供があります。(「そっぷ」とはオランダ語でスープという意味で、鎖国時代のスープを現代風にアレンジしています。)

 

シーボルト記念館 めがね橋(あじさい)