精霊流し(長崎市)

毎年8月15日に行われる精霊流しは、個人の霊を弔うために手作りの船を造り、船を曳きながら街中をねり歩き極楽浄土へ送り出すという長崎の伝統行事です。

当日の夕暮れどきになると、町のあちらこちらから「チャンコンチャンコン」という鐘の音と「ドーイドーイ」という掛け声が聞こえ始め、爆竹の音が鳴り響きます。

※長崎市内中心部は、夕方から交通規制が行われます。

精霊流し